みんなで大家さん

投資の種銭の作り方4ステップ【最初の10万円+家計の黒字化と増やし方】

種銭の作り方3ステップ【投資の手元資金の準備 10万円は簡単です】 ほったらかし投資で資産運用
この記事は約6分で読めます。

投資用の種銭の作り方をお探しですか?
このページでは投資や小さいビジネスなどを始める際に必要な初期投資金の準備や、月々のお金をコントロールして手元の資金(種銭)を増やす方法について解説します。
この記事を読むことで確実に種銭が作れるようになります。
まずは種銭を作って、スタート地点に立ちましょう。

クラウドバンク

投資の種銭の作り方4ステップ【最初の10万円+増やし方】

投資の種銭の作り方4ステップ【最初の10万円+増やし方】

さあ、投資をしようと思っても、手元に種銭がないと前に進めません。
まずは種銭を作りましょう。

投資の種銭の作り方ステップ1 10万円の資金を作る(簡単です)

投資の種銭の作り方ステップ1 10万円の資金を作る(簡単です)

1回しか使えない方法ですが、投資用の種銭として10万円程度ならすぐに資金を作ることができます。

完全無料で最初の10万円を稼ぐ方法は
最初の10万円を稼ぐ方法 入門編【完全無料で資金を作るには?】
の記事で詳しく解説しています。

投資の種銭の作り方ステップ2 毎月黒字の場合は貯金額を投資に回す

投資の種銭の作り方ステップ2 毎月黒字の場合は貯金額を投資に回す

投資の種銭は毎月の収支から作ることができることが必須です。

毎月貯金ができているという状態で
貯金の金額が生活費の3ヶ月分ぐらいまで溜まっていれば、
それ以上お金を銀行に寝かしておかなくても大丈夫です。(心配なら半年分でも構いません)

もう少し種銭を増やしたい方は次のステップ3を参考にどうぞ。

投資の種銭を増やすステップ3 不必要な支出を減らす

節約はイヤですよね。
まずは不必要な支出から減らしましょう

まず、絶対にやらないといけないことは

・消費者金融やキャッシングをやめる
・リボ払いをやめる
・ギャンブルをやめる
・タバコをやめる
・高い金利のローンをやめる

です。
これは必須です。
続けている限り種銭は絶対に増えません。(断言します)

特にリボ払いは年利15%というとんでもない高金利を支払い続けることになります。
種銭を増やしたい人は今すぐやめましょう。

詳しくは
毎月赤字なら今すぐやめるべき、お金をドブに捨てる5つの行動とは
の記事で解説しています。

無理せず減らせる支出を減らす

次にストレスなしに減らせる以下のような支出は減らす努力をします。

・格安スマホキャリアに乗り換える
・ジュースやお菓子を買う回数を減らす
・お酒の量を減らす
・飲み会の回数を減らす
・外食の回数を減らす
・毎月支払っているサブスクを減らす
・贅沢品はふるさと納税で買う

回数を減らすことで、お金を浮かせましょう。
どれもやっていなければ月1〜3万円ぐらいなら捻出できるはずです。

次に以下の大きな支出も見直します。

・家の住宅ローンを見直す
・保険を見直す
・車(税金、維持費)とカーシェアを比べて安い方にする

家計の黒字化について詳しくは
毎月赤字でどうしよう?【貯金できない家計を黒字化する15の方法とは】
の記事で解説しています。

家計が黒字化すれば、毎月投資にお金を回すことができます

投資の種銭の作り方ステップ4 収入を増やす

投資の種銭の作り方ステップ4 収入を増やす

毎月の収支が赤字の場合は黒字化が先決です。
黒字化の方法は以下の通りです。

これは意外と難しいですが、収入を増やす努力はしていきましょう。

手元資金がないので、最初にお金がかからない方法だと、
副業で稼ぐか、
・思い切って転職する
という方法もあります。

種銭ができたら積立を始めて、複利で徐々に資産を増やす

種銭ができたら積立複利で徐々に資産を増やす

月々の収支が黒字になったら、
毎月投資に回すための種銭が作れるようになります。

種銭を効率よく増やす方法は
複利運用のやり方【実績公開 お金の自動製造機を手に入れる】
の記事で詳しく紹介しています。

毎月積立で複利で運用することで、資産が少しずつ育つようになります。
増えたお金は再投資して、資産を育てましょう。

投資に必要な種銭はいくら?

投資に必要な種銭はいくら?

投資に必要な種銭は月々1〜2万円ぐらいからスタートでも十分です。
もちろん多いほどいいですが、最初は月1万円でもOKです。

もっと少なくても投資自体はできますが、少なすぎるとなかなか増えていかないので、
最低ラインを1ヶ月1万円を目安にしましょう。

仮に月3万円ずつ積み立てて、年4%で複利運用できれば、30年で2000万円になります。

いくら積み立てたら何年でいくらになるかはこちらのシミュレーターで計算できます。
積立の複利計算シミュレーター【銀行に貯金しててもダメな理由】

もちろん余裕のある方は月5万円でも10万円でも大丈夫です。

初心者向けと初心者向けではない投資の種類

投資の種類によって必要な資金は違う

初心者の方はまず、ステップ2で紹介した積立複利での運用で十分です。
目標は年間利回り4%ぐらいで考えておきましょう。

初心者向けの投資先は

・インデックス投資信託への積み立て投資(まずはiDecoとつみたてNISA)
・クラウドファンディング

などは比較的、長期的に安定して資産を増やしていける可能性が高いです。(リスクはゼロではありませんが)
インデックス投資信託への投資については、
ほったらかし投資【自動で資産を増やす長期積立インデックス投資とは?】
の記事をどうぞ。

クラウドファンディングについては、
クラウドファンディングの比較【投資型でリターンを狙うサイト9選】
の記事を参考にしてください。

以下の投資先は初心者向けではありませんので、投資初心者の方はやめておきましょう。

・株式投資
・株のデイトレード
・ビットコイン
・FX

株式投資
どの株をいつ買えばいいかが難しく、その株が下がってしまったらダメージが大きいです。
資金が増えてポートフォリオが組めるようになってからにしましょう。

株のデイトレード
ずっと張り付いていないといけない上に、種銭が少ないと手間と売買手数料ばかりかかって儲けも出しにくいです。

ビットコインなどの仮想通貨
僕も少しだけ持っていますが、仮想通貨はインデックスファンドよりも値動きが大きい(騰落率が大きい)のでリスクが高いです。余剰資金ができてからにしましょう。

FXはさらにリスクが高くなります。
レバレッジをきかせて運用することができますが、初心者が少ない資金でチャレンジしても、
急な値動きがあったときに全部ロスカットで失って終わります。
(僕も経験済みです。100万円が一瞬で0になりました。)
FXはもっと手元資金が増えて余剰資金ができてからにしましょう。

種銭の作り方【投資を始める手元資金の準備 】まとめ

種銭の作り方【投資を始める手元資金の準備 】まとめ

この記事では投資用の種銭の作り方についてご紹介しました。

・1回限りの方法ですが、無料で10万円の種銭(資金)を準備する
・貯金を種銭として投資に回す
・毎月の支出を減らして種銭を作る
・毎月の収入を増やして種銭を作る

の4つのステップで毎月投資に回す種銭が用意できます

次に毎月の種銭を積立投資に回しながら、徐々に資産を増やしていきましょう。

月にいくらぐらい積み立てればいくらになるか計算したい方は
積立の複利計算シミュレーター【銀行に貯金しててもダメな理由】
を使ってみてください。

積立投資をやってみようという方は
ほったらかし投資【自動で資産を増やす長期積立インデックス投資とは?】
の記事へどうぞ。

もう少し収入を増やしたい方は
簡単な副業の始め方【隙間時間で1万円〜3万円のお小遣いを稼ぐ】
の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました