毎月赤字でどうしよう?【貯金できない家計を黒字化する14の方法とは】

毎月赤字でどうしよう?【貯金できない家計を黒字化する14の方法とは】 ほったらかし投資で資産運用
この記事は約12分で読めます。
貯金ができなくて困っている人
貯金ができなくて困っている人

毎月赤字でどうしよう?
全然貯金もできないし、ボーナスを取り崩している状態。。
このままでは将来や老後が不安だな。
家計を黒字化して貯金をする方法を知りたい。

毎月赤字でどうしよう・・とお考えですか?
このページでは家計が赤字の状態から黒字化する方法を解説します。
僕も以前は赤字続きで毎月ボーナスを取り崩していましたが、
今は毎月10万円以上資産を増やせるようになりました。
この記事を読むと、家計の黒字化の方法がわかります。
毎月赤字で貯金もできない状態から脱出したい方はは必見です。

毎月赤字でどうしよう?【貯金できない家計を黒字化する14の方法とは】

まずは家計が毎月赤字になっている理由を考えましょう。

家計が赤字になる理由はただ一つ、
「収入よりも支出が多いから」
です。

当たり前ですね。

赤字で困っている人
赤字で困っている人

そんなことは分かってるんですよ。
でも収入も少ないし、、

おみ
おみ

そうなんですね。
毎月赤字の人はほぼ全員「収入が少ないから」だと思っています。
でも実際には、支出のコントロールができていないケースが多いです。

では順番に見ていきましょう。

毎月赤字なら、支出をコントロールしてお金を守ることが先決!

毎月赤字でどうしようとなっている場合は、
支出のコントロールをしてお金を守ることから始めましょう。

穴の空いたバケツにいくら水を入れても貯まりませんよね。
まずは穴の空いたバケツの穴を塞がないといけません。

支出を減らすというと、「節約」とか「切り詰める」とか思ってしまいますよね。
生活を切り詰めたり、無理をするのはツラいですよね。

人間は生活水準を下げることにすごい抵抗感があります。
でも、損することのほうがもっとキライな生き物です。

まずは「損していること」を今すぐやめましょう。
下記をやっている人は毎月、お金をドブに捨てているのと同じです。

毎月赤字なら今すぐやめるべき、お金をドブに捨てる行為

お金をドブに捨てる行為【不労所得を目指すなら今すぐやめよう】

・消費者金融(キャッシング、ローンなど)
・リボ払い
・金利の高い車のローン
・ギャンブルにお金をつぎ込むこと
・タバコ

該当しない人はここは読み飛ばして次の無駄な支出を減らす方法に進んでくださいね。

毎月赤字の人は消費者金融からお金を借りるのをやめましょう

毎月赤字でどうしよう、貯金ができていない人は月々の収支が赤字になり、ア○ムやプ○ミスなどの消費者金融から少しお金を借りてしまっているかもしれません。

クレジットカードのキャッシングも同じです。

これは大損です。
理由はあなたが支払っている利息です。
消費者金融の金利は7.7%~18.0%です。

18%も吸い取られていては、一生黒字には到達できません。

仮に50万円借りていたら、年間の金利は9万円=月7500円も損しています。

なんとしてもまず、完済しましょう。

毎月赤字の人はリボ払いをやめましょう【可愛い顔した悪魔です。】

毎月赤字の人ははリボ払いも今すぐやめるべきです。

リボ払いの金利は年利15%です。
「毎月すこしずつお金を払えば、いいからお得」というのは
実はあなたから地獄の15%金利を吸い取るための悪魔のささやきです。

リボ払いに手を出してしまっている人は今すぐ一括支払いしましょう。

すぐには払えないという人は、全力で支出を抑えて、親にお金を借りてでも、支払いに当てましょう。

高級時計や絵画、宝石なども「毎月たったの5千円で48回払いで手にはいりますよ」
というような売り方をしていることがありますが、これも同じです。
あなたから金利を吸い取ろうとする吸血鬼です。ご注意を。

毎月赤字の人は金利の高い車のローンを組んではいけない【お金を吸い取られます】

毎月赤字の人は金利の高い車のローンを組んではいけない【お金を吸い取られます】

毎月赤字でどうしようと考えている人は高い金利のローンは絶対に組んではいけません。年利6%のローンなどは絶対やめておきましょう。

社会人になりたての頃に、ローンで車を買いました。
当時は本当にバカだったので、年利10%でローンを組むという暴挙に出てしまいました。

年利10%のローンは、120万円のローンなら年利12万円です。
毎月1万円もお金をドブに捨てる地獄です。

親に話をしたところ、「そらあかんで」となり、
最終的には親にお金を借りて、一括返済しました。。
苦い思い出です。

車(ローン、税金、維持費)を見直す

車を所有すると、必ず税金や、駐車場代、車検などの維持費がかかります。
さらにローンを組んでしまうと、金利まで取られます。
しかも購入した途端に価値が下がってしまいます。

毎月赤字でどうしようと言いながらギャンブルにお金をつぎ込むのはやめる

毎月赤字でどうしようとなっているのなら、ギャンブルをやっている場合ではないです。

ギャンブル好きの人にとってはとてもつらいことなのですが、
パチンコ、スロット、競馬、競艇、競輪、オートレース、宝くじにお金をつぎ込んで勝ち続けられる人はほとんどいません。

確かに、たまには大勝ちするかもしれません、そのときは脳から大量のエンドルフィンという脳内麻薬が出ます。
この快感は中毒になります。で、その快感が忘れられずにまた行ってしまいます。

よく考えてください。
ギャンブルを提供している会社には従業員がいて、コストを払って利益を出しています。
つまり、あなたがつぎ込んだお金はその会社の従業員の給料や、家賃などのコスト、利益に当てられていますので、あなたに戻せるお金はあなたがつぎ込んだお金より多くはできません。

1万円入れた瞬間に、その会社に吸い取られているという仕組みになっていることを理解しましょう。
この考え方は還元率といって、パチンコなら96%、競馬で70%、宝くじは50%と言われています。
買った瞬間に価値が自動的に減るのと同じだと分かれば、そこに時間とお金を投資するのが無駄だとわかりますよね。

毎月赤字でどうしようという人はタバコをやめよう

毎月赤字でどうしようと言いながらタバコを吸っていては本末転倒です。

僕も好きで、10年以上タバコを吸っていましたが、キッパリやめました。
やめてわかったことは、
タバコはお金と時間の2重の浪費だったということです。

1本25円のタバコを毎日20本、3分かけて吸ったとすると、
1ヶ月で15000円、30時間(1.25日)
1年で18万円、360時間(15日)
10年で180万円、3600時間(150日)
を費やしていることになります。

ストレスに耐えられなくて吸ってしまうと思っている方、
吸わないとイライラするのはニコチン中毒だからです。

お金をドブに捨てない生活ができている人は、次の
無理しなくてもできる無駄な支出をへらす方法をどうぞ。

無理しないでできる、無駄な支出を減らして資金を捻出する方法

毎月赤字でどうしよう、貯金もできていないよ、という人が次にやることは、
無理せず無駄な支出を減らす。
です。

実際に僕が取り組んでみて効果のあったものをご紹介します。

無駄な支出を減らす方法は、
・お酒、価値の低い飲み会をへらす
・飲み物を買う回数を減らす
・外食・ウーバーイーツの利用回数をへらす
・サブスクや料金プランを見直す
・保険を見直す

お酒や価値の低い飲み会をへらす

毎月の赤字解消のため、貯金をするために僕が取り組んでみて一番効果があったものがこれです。

ここ10年、毎日晩酌していましたが、この1ヶ月間やめてみることにしました。

毎日ビールかワインを3〜5杯飲んでいましたのでこれをやめたことで、
1日 300円
1ヶ月 9000円
1年 10万円
お金ができました。

早速毎月の積立額を増額しました。

完全にやめるのはイヤだ、風呂上がりのこの一杯のために生きてるんだ
という方は、半分にするだけでも結構な効果があります。

コロナで飲み会もなくなりましたね。
浮いたお金は貯金や投資に回せます。

飲み物を買う回数を減らす

毎月赤字の家計の人は、外で飲み物を買う回数を減らしましょう。

最近は在宅勤務で外でドリンクを買う機会は激減しましたが、これも意外とバカになりません。。
コンビニや自動販売機、スタバなどで飲み物を買う回数を見直してみましょう。
1日2回、100円のドリンクを買っていたら
1日 200円
1ヶ月 6000円
1年で72000円
になります。

早速月6000円を積立に回しました。

毎日スタバに行っていると、更に大きな出費になっています。

飲み物は水筒を持っていけば買う回数を減らせます。
お昼のお弁当を作るよりも手間もかからず、すぐにできるので、おすすめです。

外食・ウーバーイーツ・コンビニの利用回数をへらす

毎月赤字で貯金ができていない人は外食や宅配の回数を減らしましょう。

ゼロにするのはつらすぎるという方は、半分にするだけでも効果あります。

コンビニも楽だし便利なんですが、
1日500円使っていたら、
1ヶ月15000円
1年で18万円になっています。

現在の利用回数を半分にするとその分、支出が減らせます。
月2回、外食やウーバーイーツに3000円使っているとしたら、
月1回にすると3000円浮きますね。
年間36000円です。

作るのが面倒だなというときにはものすごく便利なのですが、
多めに作って小分け冷凍しておくだけで、回数は減らせます。

節約はもう十分できているんですという方は次の収入を増やすことにチャレンジしてみるのも一つの方法です。

サブスクや料金プランを見直す

サブスクや料金プランを見直す

毎月赤字でどうしようとなっているのであれば、サブスクや料金プランを一度見直しましょう。

サブスクリプション(定期払い)のサービスが増えましたよね。
毎月少しずつお金を払うことでサービスを受けられるというものですが、使っていないサブスクがないかは一度チェックしたほうが良いですね。

ニュースサイトとか、アプリなどで、毎月の費用や年会費のかかっているものや、
使っていないクレジットカードの中にも年会費のかかるものが含まれている場合があります。

インターネットや携帯などの料金プランも実は新しいプランがあって、切り替えるだけでコストが安くなるというケースもあります。
先日インターネットの料金プランを見直したら半額になりました!
これだけで毎月6000円ぐらいの効果がありましたので、積立に回しました。

銀行のATMや振り込み手数料

毎月赤字でどうしようという人は銀行のATM手数料も要注意です。
小さいお金の積み重ねですが、
100円、200円とあなたからお金を取っていきます。
注意しましょう。
あなたが銀行に預けているお金の金利は0.001%です。

「お金のプロ」にご注意!大きなお金が動く支出2つ

毎月の赤字でどうしようという人は、お金のプロに騙されないように注意が必要です。

素人が必ずハマる罠ポイント
お金のプロを信じてしまう

お金のプロには、
・生命保険の販売員
・ファイナンシャルプランナー
・証券マン
・不動産業者
・銀行員
が含まれます。

このお金のプロたちは、あなたから「手数料」を取ることを仕事にしている人たちです。
知識をしっかりつけて、金利や手数料を取られないように注意しましょう!

詳細はnoteで▶「お金のプロ」に気をつけて!知らないと損するお金の守り方

こちらもおすすめ▶マンガでわかるシンプルで正しいお金の増やし方

保険を見直す

保険を見直す

毎月赤字で困っているという場合は、保険の見直しも意外と効きます。

毎月何万円も払っている人はネット型保険への切り替えをおすすめします。
生命保険は住宅ローンの次に大きい支出と言われています。
保障内容が重なっていたり、保険に加入しなくてもよい場合もありますので、注意が必要です。

例えば住宅ローンを組んでいる場合は、団体信用生命保険に加入することになりますので、亡くなった場合は保険がおりて、住宅ローンは支払われます。
このため、死亡保険の内容を見直す、というようなことが必要になります。

また、学資保険(こども保険)や、満期になると返戻金があるようなタイプの保険は、自分で運用したほうがメリットがあるケースも多いと言われています。

住宅ローンか家賃か

住宅ローンか家賃か
家をまだ買っていない方

家の住宅ローンも要注意です。
僕も家を所有していますが、住宅を所有することはリスクを伴います。

住宅をローンを組んで買うことについては、賛否あります。
新築マンションは買った瞬間に価値が下がりますし、ローンの金利も払い続けなければいけません。
不動産業者に売買手数料も取られます。

確かに家を買えば、ローンが終われば自分のものになるといいますが、
そのローン、何年払うんですか?ということですね。

たとえば35年ローンの場合、自分の持ち物になるのは35年後です。
35年もたったら、老朽化していますので、リフォームが必要ですね。

また、築年数がたっているので、売却しようと思っても値段もあまりつかないでしょう。
さらに毎年、固定資産税、ローンの金利を支払うことになります。

住宅を購入する場合は、売却しても損しない物件かどうかが重要です。
わからない状態で買っちゃだめです。勉強しましょう。

住宅ローンの見直し

毎月の赤字に住宅ローンが含まれているかもしれませんね。

毎月の赤字幅を縮小するために、ローンの見直しも良いですね。
僕も家を保有していますが、ローンの見直しをすることで、金利を下げることができました。今は超低金利なので、今1%前後で借りられている人は見直しは必要ないと思います。

ローンの見直しするときにも手数料を取られてしまいますので、トータルでメリットがあるかを計算しましょう。

お得に買い物する

毎月の赤字を縮小するため、買い物もできるだけお得にできたほうが良いですね。

お買い物する際にポイントバックをもらうという方法で節約することもできます。
買い物に楽天リーベイツを使うと
Appleやユニクロ商品は1%ポイントバックされてお得です。

節約をする

毎月の赤字幅を縮小する方法として、もっと早く目標の黒字化を早めたい人は節約にも取り組むと効果がもっと上がりますね。

上記を実践した上で、さらに支出を減らさなければ黒字化できない場合は節約しましょう。
ここは少し痛みを伴いますが、黒字化するためです。頑張りましょう。

・家賃
・食費
・お昼はお弁当に
・小遣い
・電気代
・こどもの習い事

これらの節約術については多くの節約ノウハウがあります。

おすすめ本はこちら▶2年間で300万円ためた主婦が教える節約術
主婦目線の節約術に加えて、20代で500万貯めたやりくり上手な人たちの節約術が満載です。
Kindle Unlimitedなら無料で読めます。

副業で収入を増やす

毎月赤字でどうしよう!と言っていたあなたも、ここまでできたら、お金は守られるようになり、黒字化できていると思います。
さらに収入を増やしたい方はこちらをどうぞ。

今の仕事を続けならが、自分にあった副業でお金を稼ぐ方法をまとめています。

あわせて読みたい▶かんたんな副業の始め方【隙間時間で1万円〜3万円のお小遣いを稼ぐ】

毎月赤字でどうしよう?【貯金できない家計を黒字化する14の方法】まとめ

毎月赤字でどうしよう?【貯金できない家計を黒字化する14の方法】まとめ

この記事では毎月赤字でどうしよう?という方に向けて、貯金できない家計を黒字化する12の方法を解説しました。

毎月赤字の人がやめるべきお金をドブに捨てる行為5つ
・消費者金融
・リボ払い
・ローン
・ギャンブル
・タバコ

無理せずできる無駄な支出をへらす方法5つ
・お酒や飲み会
・飲み物
・外食
・サブスク、料金プラン
・銀行手数料

「お金のプロ」にご注意!大きなお金が動く支出2つ
・生命保険保険
・不動産業者
などは、あなたから金利や手数料を取ろうとしてきます。
しっかり知識をつけて、自分で選択できるようになりましょう。

おまけ2つ
・お得に買物をすること、
・節約術を学ぶ
もご紹介しました。

ここまで支出がコントロールできるようになれば、家計は黒字化したと思います。
さらに黒字を増やしたい方は副業で収入を増やす方法もあります。

さあ、しっかり黒字化して、まずは貯金を増やしていきましょう!

ほったらかし投資で資産運用 老後の資金を考える
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございます!

ご訪問いただきありがとうございます。とっても嬉しいです。
皆さんのお役に立てる記事を日々作成しています。

▼ついでにポチッと応援していただけるともっと喜びます▼

今日は何位かな?

  • にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

この記事を気に入っていただいたら、ぜひシェアをお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ご訪問いただきありがとうございます。とっても嬉しいです。
皆さんのお役に立てる記事を日々作成しています。

▼ついでにポチッと応援していただけるともっと喜びます▼

今日は何位かな?

  • にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

この記事を気に入っていただいたら、ぜひシェアをお願いします。

スポンサーリンク
Lapis Labo
タイトルとURLをコピーしました