みんなで大家さん

クラウドファンディングの比較【投資型でリターンを狙うサイト9選】

クラウドファンディングの比較【投資型でリターンを狙うサイト9選】 ほったらかし投資で資産運用
この記事は約10分で読めます。
おみ
おみ

クラウドファンディングのサイトを比較してみました。
投資目的で、配当金や運用益などのリターンの見込まれるクラウドファンディングを選んでいます。
未上場の会社や都内のおしゃれな不動産などに1万円という小さい金額で出資ができる点が魅力的ですね。
クラウドファンディングへ投資する目線での比較です。

クラウドバンク

クラウドファンディングの比較【投資型でリターンを狙うサイト9選】

クラウドファンディングというと、出資したら、その会社の製品や商品が届くといったタイプのものもありますが、企業や不動産に投資して、リターンを目指すという形の投資型のクラウドファンディングもあります。

このページでは投資型でリターンの見込まれるタイプのクラウドファンディングを9つご紹介します。

クラウドファンディングは企業の資金調達の手段の一つとして使われている手法で、市場はものすごい勢いで伸びています。

これまでは自己資金や銀行等から借り入れをして、事業を行うという形での資金調達がほとんどでしたが、出資者を募ることができる(投資する側は出資者になれる)という仕組みです。

細かく分けると
出資型(分配金や上場のリターンを期待する)
ローン型(貸付金して、利息をリターンとして受ける
不動産型(家賃をリターンとして受け取る)などがあります。

(ご注意)
株などと同様にこのページでご紹介しているものは投資案件なので、元本割れのリスクがあります。
また、投資したことによる損失が発生した場合も一切責任は負いかねますので、あらかじめご了承ください。

ソーシャルレンディング(融資型のクラウドファンディング)2選

ソーシャルレンディング(融資型のクラウドファンディング)2選

まずはソーシャルレンディングと呼ばれる融資型のクラウドファンディングを2つご紹介します。

資金調達をしたい企業に融資をして、リターンをもらうというソーシャルレンディングの仕組みになっています。
株式投資型とは少し違い、お金を貸しているという形なので、企業側は元本と利息の返済をします。
この利息の部分がお金を投資した人の収益になっていきます。

クラウドバンク(融資型クラウドファンディング)

融資型のクラウドファンディングクラウドバンクは、証券会社が運営するソーシャルレンディングサービスです。

クラウドバンクの特徴

・一口1万円から参加できる。
・実質平均利回り6.8%
・融資元本回収率実績100%(将来を保証するものではありません)

クラウドバンクの投資先

・バイオマス発電
・太陽光発電
・カリフォルニア住宅投資
・中小企業支援ローン

などの特色のあるファンドが運用されています。

バイオマス発電ファンドの目標利回りが5%と高すぎず低すぎず手堅い印象です。
募集中のファンドの数が数件あり、すぐに売り切れということがないのも良いです。

公式サイトの詳細を確認▶︎クラウドバンク

SAMURAI FUND(証券会社が運営する投資型クラウドファンディング)

証券会社が運営する投資型クラウドファンディングのSAMURAI FUNDは上場企業100%出資の子会社が運営していて安心感があります。
投資したい個人とお金を必要としている企業をつなぐソーシャルレンディングのサービスです。

サムライファンドの特徴

・1口1万円から投資ができる
・予想利回りは3%-10%程度で、運用期間は3ヶ月のものからある。

シニアローン、劣後ローン、 出資などの種類があり、企業の資金調達方法があります。

投資信託を選ぶような感じで証券商品に投資する形になります。
登録されている案件の目標利回りは4%から8%まで様々あります。

公式サイトを確認▶︎SAMURAI FUND

【終了】SBIグループの100%出資ソーシャルレンディング

SBIグループの100%出資のSBIソーシャルレンディングは大手クラウドファンディングです。
僕も20万円ほど投資していますが、業務停止命令が出た関係で、新規の募集がなくなってしまいました。

一応、こういうリスクもあるということですね。
でも、利益は出ていて、2021/9時点で残高は5万円ほど未回収ですが、残高は毎月少しずつ返ってきています。

若い企業への株式投資型クラウドファンディングサイト2選

若い企業への株式投資型クラウドファンディングサイト2選

企業投資型のクラウドファンディングです。
上場していない若い会社の株を買うことができます。
上場会社の株よりもリスクはありますが、期待できるリターンも大きくなる可能性があります。

次に、株式に投資するタイプのクラウドファンディングを2つご紹介します。

FUNDINNO(ファンディーノ)(未上場会社の株式投資)

FUNDINNO(ファンディーノ)(未上場会社の株式投資)

FUNDINNO(ファンディーノ)は非上場の会社の株を購入することができるクラウドファンディングの仕組みです。

未上場企業の株式投資型ではこちらが一番面白いと感じました。
僕も1社、次世代口腔ケアの会社に9万円を投資しています。

ファンディーノの特徴

・登録案件が魅力的
・プロの投資家も投資している案件が多くあり、
・累計成約数は30億円、
・過去に90件以上の案件が成約しており、
・25000人以上の投資家が登録しています。

登録されているクラウドファンディングの案件

ロボット、AIなどの先端技術を活用した事業が複数登録されています。
コワーキングスペース、無人接客ロボットや、観測ロボットや、予防医療ヘルスケアビジネスなど、今後伸びそうな事業が資金調達をしています。

投資タイプには株式型や新株予約権タイプがあります。
・株式型は株を購入して保有します。収益が上がれば配当がもらえる可能性があります。
・新株予約権型は株式を購入する権利で、IPOなどで株価が上がるとリターンがあります。配当はありません。

リスクは高めですが、有望な会社が多く、期待できるリターンも大きいタイプのクラウドファンディングです。

詳細を確認▶︎FUNDINNO(ファンディーノ)

ユニコーン(株式投資型クラウドファンディング)

ユニコーン(株式投資型クラウドファンディング)

株式投資型クラウドファンディングのユニコーンは個人で非上場の株式に投資ができるタイプのクラウドファンディングで、ベンチャー企業を小さいうちから中長期的に応援することができます。

ユニコーンの特徴

・株主になると株主優待があり、IPOやM&Aで事業を売却した場合、株主として売却益を得ることができる可能性がある。
・投資は1社5万円からから50万円まで株数単位で投資ができます。
(例えば1株1万円の場合は10株で10万円という形になります。)

投資予算に合わせて株数を選ぶことができますね。

ユニコーンで投資できる事業は、
・AI関連
・バイオテック
・ブロックチェーン
・IOTなど、
先端技術で社会を豊かにする企業が複数の案件が登録されています。

案件の詳細を確認する▶︎ユニコーン

不動産投資のクラウドファンディングサイト4選

通常、不動産投資というと大きな金額を投資するのが普通ですが、一口1万円という少額から投資ができる点は嬉しいです。
取扱物件の件数はあまり多くないですが、魅力的な投資案件が出ています。

CREAL(クリアル)(不動産投資クラウドファンディング)

CREAL(クリアル)(不動産投資クラウドファンディング)

CREALは不動産投資のクラウドファンディングのなかでは案件が多い。

CREALの特徴

・過去の実績案件が多い
・認可保育園の投資案件などマンション以外の投資不動産案件がある
・1万円から投資できる
・年率3%〜

色々な不動産に一口1万円で投資ができます。
ファンド型で、配当金や売却益という形でリターンが得られます。

自分で投資ポートフォリオを組むことができます。
投資判断に必要な物件の情報開示はしっかりしています。

無料のオンラインセミナーでも詳しく説明されています。

公式サイトを確認する▶︎CREAL

利回りくん

利回りくん(ミルクボーイがCMに出ているクラウドファンディング)

クラウドファンディング利回りくんは、
ミルクボーイがCMに出ているクラウドファンディングです。

利回りくんの特徴

・ホリエモンの宇宙ビジネスや、前澤友作さんの犬猫の殺処分ゼロを目指すイヌネコヒルズなど、社会貢献や地域創生型の案件が特徴的
・一口1万円から投資できる。
・インカム型、キャピタル重視型など、ファンド特性が表示されていて分かりやすいです。

詳細はこちら▶︎利回りくん

Rimple(東証一部上場で安心)

Rimple(東証一部上場で安心)

Rimple(リンプル)は東証一部上場のプロパティエージェントが運営している不動産投資型クラウドファンディングサービスです。

リンプルの特徴

・個人ではなかなか購入できない都心の高利回り物件に1口1万円から投資ができます。
・クレディセゾンの永久不滅ポイントを使ってポイント投資ができます。使い道のないポイントを投資に回すというのもアリです。

複数の出資者が共同で資金を出して、不動産を運用し、運用益を分配してくれます。

運用期間は6ヶ月間程度で予定分配率年5%といった物件が複数あります。
個人ではなかなか購入できない都心の物件で運用ができるのは嬉しいです。

詳細はこちら▶︎Rimple(リンプル)

みんなで大家さん

みんなで大家さん

みんなで大家さんはCMでもおなじみの、不動産投資です。
考え方はクラウドファンディングに似ていて、複数人で物件を所有し、運用するというスタイルです。
上でご紹介したクラウドファンディングと比較すると初期投資は大きいですが、利回りも良く、2ヶ月に1回分配がある点も嬉しいです。

住宅ではない不動産への投資で、賃貸収入から分配する仕組みになっているので収益も安定していて、資産のポートフォリオとしても面白いです。

みんなで大家さんの特徴

・一口100万円から参加できる
・想定利回りは6-7%
・年間6回分配金がある
・これまでに元本割れしていない

100万円は高いと感じるかもしれませんが、現物の不動産投資と比べると、投資額は少なくて済みます。

詳細を確認する▶︎みんなで大家さん

ラウドファンディングの比較【投資型でリターンを狙うサイト9選】まとめ

ラウドファンディングの比較【投資型でリターンを狙うサイト9選】まとめ

クラウドファンディングサイトを9つご紹介しました。

・融資型クラウドファンディングのソーシャルレンディング
・事業に投資して、配当金や株主優待を受け取れたり、
・事業売却やIPO(新規公開株)などのイグジットによって、大きな売却益を得られる可能性があります。

ソーシャルレンディングは利回りの目安が数値化されていることと、リスクは投資信託などよりも少し上がりますが、高い利回りが期待できることが特徴ですね。

不動産投資型のクラウドファンディングサービスは、一人で投資するには金額が大きい都心の物件やおしゃれなマンションなどへの投資ができる仕組みになっています。
物件を運用した運用益がリターンとして見込まれます。

REITなどの投資信託よりも、
・投資する物件が見える
自分で投資する物件を選べる
という点で面白いです。

普通の不動産投資と違い大きな金額を複数の投資家がお金を出し合うことで1万円という小さい金額から取り組める点も嬉しいです。

いずれももちろん投資なので、リスクはありますが、
自分で選べるという点と、大きなリターンが得られる可能性があるという点が気に入っています。

登録は無料なので、あとは投資したい良い案件が出てくるまで待っておけばOKです。いつでも投資できる準備ができているとチャンスを失わなくて済みます。

僕は全部登録していますが、下記はとくに案件も多めで始めやすいです。

クラウドバンク ソーシャルレンディング(融資型)のクラウドファンディング。実績平均利回り6.8%ととても優秀。毎月分配金が受け取れるのが嬉しいです。

FUNDINNO(ファンディーノ) 株式投資タイプのクラウドファンディングです。案件が豊富で面白い企業が毎月数件出てきます。

利回りくん ホリエモンの宇宙ビジネスや前澤さんのイヌネコヒルズなど、社会貢献や地域創生型の面白い案件がある。名前も面白い。

CREAL 不動産投資タイプのクラウドファンディングで、認可保育園などマンション以外の投資不動産案件がある。

みんなで大家さん 一口の投資額は100万円と大きいですが、実物の不動産を買うよりは少なくて済みます。また、倉庫など、個人では投資できないような案件があるのも魅力です。

クラウドファンディングやソーシャルレンディングも分配金などのリターンのあるものは完全な不労所得になります。
ここから得られた収益も投資に回してお金に仕事をしてもらっています。

お金に仕事をさせるほったらかし投資は
ほったらかし投資【自動で資産を増やす長期積立インデックス投資とは?】
からどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました