毎月赤字なら今すぐやめるべき、お金をドブに捨てる5つの行動とは【これをやっているとお金が増えません】

毎月赤字なら今すぐやめるべき、お金をドブに捨てる5つの行動【これをやっているとお金が増えません】 種銭を作る(入金力アップ)
この記事は約6分で読めます。

・毎月家計が赤字で困ったな
・ボーナスでなんとかお金をやりくりしている
・お金がたまらない
・お金が増えない

という人が今すぐやめるべき5つの行動をご紹介します。

何年間も毎月赤字で、ボーナスで赤字分を補填する生活をしていましたが、
この5つの行動をやめることで、お金を増やせるようになりました。

人間は生活水準を下げることにすごい抵抗感があります。
でも、損することのほうがもっとキライな生き物です。

まずは「損していること」を今すぐやめましょう。
下記をやっている人は毎月、お金をドブに捨てているのと同じです。

この5つの行動はやめるのが大変ですが、ここをクリアしないと次に進めません。
頑張りましょう!

つらくない家計の黒字化の方法は
毎月赤字でどうしよう?【貯金できない家計を黒字化する15の方法とは】
の記事でご紹介しています。


みんなで大家さん

毎月赤字なら今すぐやめるべき、お金をドブに捨てる5つの行動

お金をドブに捨てる行為【不労所得を目指すなら今すぐやめよう】

毎月赤字なら今すぐやめるべき、お金をドブに捨てる5つの行動は

・消費者金融(キャッシング、ローンなど)
・リボ払い
・金利の高い車のローン
・ギャンブルにお金をつぎ込むこと
・タバコ

の5つです。

5つとも当てはまらない人は
無理しない節約のコツ 無駄な支出を減らして種銭を増やす7つの方法
の記事をどうぞ。

一つでもあては余る人は順番に見ていきましょう。

毎月赤字の人は消費者金融からお金を借りるのをやめる

毎月赤字の人は消費者金融からお金を借りるのをやめる

毎月赤字でどうしよう、貯金ができていない人は月々の収支が赤字になり、
ア○ムやプ○ミスなどの消費者金融から少しお金を借りてしまっている場合があります。

クレジットカードのキャッシングも同じです。

消費者金融やキャッシングは手を出すと大損です。

大損の理由は
あなたが支払っている利息です。
消費者金融の金利は7.7%~18.0%です。

18%も吸い取られていては、一生黒字には到達できません

仮に50万円借りていたら、年間の金利は9万円=月7500円も損しています。

なんとしてもまず、完済しましょう。

専門家に相談して借金を減らす方法もあります。
>>返せなくなった借金、借りるよりもまず≪借金の見直し≫を。減額相談なら杉山事務所

リボ払いをやめる【リボルビングは可愛い顔した悪魔です。】

リボ払いをやめる【可愛い顔した悪魔です。】

毎月赤字の人ははリボ払いも今すぐやめるべきです

リボ払いの金利は年利15%です。

リボ払いをすすめてくる人
リボ払いをすすめてくる人

毎月すこしずつお金を払えばいいからお得

というのは
実はあなたから地獄の15%金利を吸い取るための悪魔のささやきです。

リボ払いに手を出してしまっている人は、今すぐ一括支払いしましょう。

すぐには払えないという人は、全力で支出を抑えて、親にお金を借りてでも、支払いに当てましょう。リボ払の減額なども専門家に相談することができます。

>>【司法書士法人杉山事務所】

高級時計や絵画、宝石など

分割払いを勧める店員
分割払いを勧める店員

「毎月たったの5千円で48回払いで手にはいりますよ」

という売り方も同じです。
あなたから金利を吸い取ろうとする吸血鬼です。ご注意を。

金利がかかっていないならOKですが、商品代に乗っている場合もあるので、要注意です。

毎月赤字の人は金利の高い車のローンを組んではいけない【お金を吸い取られます】

毎月赤字の人は金利の高い車のローンを組んではいけない【お金を吸い取られます】

毎月赤字でどうしようと考えている人は高い金利のローンは絶対に組んではいけません。
年利6%のカーローンなどは絶対やめておきましょう

僕は社会人になりたての頃に、ローンで車を買いました。
当時は本当にバカだったので、年利10%でローンを組むという暴挙に出てしまいました。

年利10%のローンは、120万円のローンなら年利12万円です。
毎月1万円もお金をドブに捨てる地獄です。

親に話をしたところ、「そらあかん」となり、
最終的には親にお金を借りて、一括返済しました。。
苦い思い出です。

ギャンブルで取り返そうとお金をつぎ込むのはやめる

ギャンブルで取り返そうとお金をつぎ込むのはやめる

毎月赤字なら、ギャンブルをやっている場合ではないです。

ギャンブル好きの人にとってはとてもつらいことなのですが、

パチンコ、スロット、競馬、競艇、競輪、オートレース、宝くじにお金をつぎ込んで
勝ち続けられる人はほとんどいません

ギャンブルがやめられない理由は、たまにある大勝ちです。
そのときは脳から大量のエンドルフィンという脳内麻薬が出ます。
この快感は中毒になり、快感が忘れられずにまた行ってしまいます。

ギャンブルをするとお金が減る理由

ギャンブルをするとお金が減る理由

ギャンブルを提供している会社には従業員がいて、家賃などのコストを払って利益を出しています。
つまり、あなたがつぎ込んだお金はその会社の従業員の給料や、家賃などのコスト、利益に当てられていますので、あなたに戻せるお金はあなたがつぎ込んだお金より多くはできません

1万円突っ込んだ瞬間に、何十%かはその会社に吸い取られているという仕組みになっている
=負けが確定している

ことを理解しましょう。

この考え方は還元率といって、

パチンコなら96%、
競馬で70%、
宝くじは50%

と言われています。

買った瞬間に価値が下がるのと分かれば、そこに時間とお金を投資するのが無駄だとわかりますよね。

毎月赤字の人はタバコをやめよう

毎月赤字と言いながらタバコを吸うのはやめましょう。
タバコやめるのはつらいですよね。。僕も苦労しました。

タバコが大好きで、チェーンスモーカーで、10年以上タバコを吸っていましたが、キッパリやめました。

やめてわかったことは、
タバコはお金と時間の2重の浪費だったということです。

1本25円のタバコを毎日20本、3分かけて吸ったとすると、

1ヶ月で15000円、30時間(1.25日)
1年で18万円、360時間(15日)
10年で180万円、3600時間(150日)

を費やしていることになります。

ストレスでタバコを吸いたくなるのではない

ストレスでタバコを吸いたくなるのではない

「ストレスに耐えられなくて吸ってしまうんだよね」と思っていましたが、実は
吸わないとイライラするのはニコチン中毒だからです。

お金をドブに捨てない生活ができている人は、次の
無理しなくてもできる無駄な支出をへらす方法をどうぞ。

お酒も同じです。
毎日晩酌をしていましたが、とうとうやめました。
これだけで毎月1万円以上浮きました。

毎月赤字なら今すぐやめるべき、お金をドブに捨てる5つの行動【これをやっているとお金が増えません】まとめ

お金を増やすためにやめるべき5つの行動をご紹介しました。

・消費者金融(キャッシング、ローンなど)
・リボ払い
・金利の高い車のローン
・ギャンブルにお金をつぎ込むこと
・タバコ

の5つのうち、1つでも該当した方は今すぐやめましょう。

この5つはやめるのに痛みを伴いますが、
続けていると一生赤字から脱出できません。

まずはバケツから水が出ていく穴を塞ぐところからです。

家計の黒字化の方法は
毎月赤字でどうしよう?【貯金できない家計を黒字化する15の方法とは】
の記事で詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました