複利と不労所得のほったらかし投資【2022年2月の運用実績】

ほったらかし投資の実績公開
この記事は約4分で読めます。

2022年2月もほったらかしで積立投資をしました。
2月の追加投資額は126万円。ロシアのウクライナ侵攻の影響で、先月と比べて含み益は2万円と少しプラスで、総資産4000万円はキープしました。
今後も長期積立投資で、買い続けます。
これから投資を始める人の参考になればうれしいです。

クラウドバンク

複利と不労所得のほったらかし投資【2022年2月の運用実績】

2022年2月までの実績は上の表の通りです。

2月の資産総額は4087万円で、4000万円台はキープしました。
1月と比べると+27万円と、少し増えました。

現金を除いた投資資産の残高は3456万円、
投資元本が1912万円で、
含み益は1544万円になり、前月よりプラス2万円でした。

運用資産の内訳(現金含む)

現金を含めた資産4087万円の内訳は上のようになっています。

現金比率は投資に回したので3ポイント減って15.4%になりました。
目標だった20%以下の水準まで来たので、緊急用の金額(生活費の6ヶ月分)は維持しながら、投資に回していきます。

ほったらかし投資の運用成績(前月比)

2022年1月と比べると
含み益は2万円のプラスになりました。

株は少し上がりましたが、確定拠出年金とその他(外国債券)が大幅に下がり、2021年12月のプラス分が元にもどりました。

増減の内訳

前月からの含み損益
460,600
投資信託-222,095
確定拠出年金-267,321
クラウドファンディング2,291
仮想通貨54,289
その他(外国債権)0
投資total27,764

確定拠出年金はトータルの利回りは年9%を維持しています。
運用状況は下記のようになっています。

2022年1月の投資結果はこちらです。

不労所得(不動産)、ソーシャルレンディングのキャッシュフロー

2月の不動産からの現金流入(キャッシュフロー)は+56,000円
でした。今月は固定資産税の支払いがあったので少なめです。
ほったらかし投資に回します。

ソーシャルレンディング

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)にも投資しています。
まだ分配金は少ないですが、完全に不労所得なので気に入っています。

ソーシャルレンディング投資
キャンプファイヤーオーナーズ 40万円 分配金合計 5400円
FUNDINNO(ファンディーノ) 9万円
クラウドバンク 20万円 分配金合計 1900円
SAMURAIファンド 20万円
・SBIソーシャルレンディング 20万円投資して全額償還されました。分配金合計4000円

毎月少しずつですが、安定して利益が出るので、今月は40万円増やしました。

クラウドファンディングについてはこちらの記事をどうぞ
>>クラウドファンディングの9社の比較【融資型のソーシャルレンディングほか】

仮想通貨

ビットコインの積立をはじめました。
1日1000円ずつ、1ヶ月で3万円増やしていきます。
ドルコスト平均法で

2022年2月の新規投資額

確定拠出年金に自動積立 45,000円
インデックス投資信託に自動積立 572,000円
ソーシャルレンディング 400,000円
クラウドファンディング 150,000円
合計1,167,000円を追加投資しました。

投資信託は

・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
・eMAXIS Slim S&P500
・SBI・全世界株式インデックス・ファンド(雪だるま(全世界株式))
・eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)
・eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

を積み立てています。

主につみたてNISAと子供用口座のジュニアNISA口座を使っています。

来月の取り組み

3月も引き続き自動積立で投資していきます。

複利と不労所得のほったらかし投資【2022年2月の運用実績】まとめ

複利と不労所得のほったらかし投資【2022年1月の運用実績】まとめ

2022年2月も不労所得と複利を使って自動で積立投資をしました。
1月の追加投資額は116万円で、先月と比べて含み益は2万円プラスになりました。

引き続き、不労所得と複利でコツコツつみあげて行きます。
これから投資を始める人の参考になればうれしいです。

ほったらかし投資のはじめ方は
ほったらかし投資【自動で資産を増やす長期積立インデックス投資とは?】
の記事で解説しています。

投資は自己責任でお願いします。

これから投資を始めてみようかなという方は、まずは証券口座を開くところから始めましょう。
大手オンライン証券会社なら口座開設は無料です。口座維持手数料もかかりません

長期投資に最適な証券会社選びは
長期投資に最適な証券会社5社比較ランキング【投資をこれから始める人向け】
の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました