融資型クラウドファンディング キャンプファイヤーオーナーズに投資した結果(途中経過)

social-lending ほったらかし投資の実績公開
この記事は約6分で読めます。

ソーシャルレンディングのCampfire owners(キャンプファイヤーオーナーズ)の太陽光発電事業に投資して利息収入が入りはじめました。
この記事ではCampfire ownersに投資した途中経過(結果)と感想、Campfire Ownersの特徴、投資するときの注意点、案件の選び方の解説を書いています。
Campfire ownersに投資を検討している人は必見です。

クラウドバンク

融資型クラウドファンディングCampfire ownersの太陽光発電事業に投資した結果(実績)

ソーシャルレンディングのCampfire Ownersは融資型クラウドファンディングで、
Campfire Ownersを通じて企業に融資をして、利息収入を得られる仕組みです。

毎月少しずつですが収入があります。
2022/4時点で8000円。

投資した案件の概要

投資したCampfire Ownersの案件

ソルセル 太陽光発電所売買事業支援ファンド 3号
融資先 エレビスタ株式会社
投資期間は11カ月
利益分配方法 原則毎月
予定利回りは年7%(税引き前)
保証 個人による連帯保証あり

エレビスタ社がCampfire Ownersから融資を受けて太陽光発電所の売買を行い、
利息を支払うという仕組みになっています。

年7%の予定利回りなので、リスクは高めだと言えます。
銀行で融資を受ければもっと低い利率で資金調達できます。
クラウドファンディングの資金調達のしやすさを優先しているのだと思います。

2021年9月に太陽光発電事業に投資して、10月から利息収入が入るようになりました。

投資した結果(途中経過)利息が入り始めました

利息収入(不労所得)が入り始めました。

投資額20万円で4ヶ月の収益は以下のようになりました。

利息源泉徴収差し引き
2021年10月2108円-430円1678円
2021年11月1112円-227円885円
2021年12月1227円-250円977円
2022年1月1150円-234円916円
2022年1月1150円-234円916円
2022年2月1,228円-250円978円
2022年3月1,074円-219円855円
2022年4月1,189円-242円947円
合計10,238円-2,086円8,152円

7カ月で利息の合計が10,238円で、源泉徴収されて、差し引き8,152円が収益になっています。
このペースでいくと投資期間11カ月換算で、

利息収入 16,088円 年率 8.0%
差し引き 12,810円 年率 6.4%

の不労所得になります。(金額は少ないですけどね)

予定利回り7%は、税引き前の年率なので、
現時点で今のところ予定利回りは上回っています。

初回が少し多めだったので、最終的にはもう少し下がると見ています。

Campfire Ownersに投資してみた感想

Campfire Ownersに投資してみた感想

いまのところ予定利率以上の運用ができていて、問題ありません。
良い案件が出てきたら追加で投資したいと考えています。

Campfire Ownersの特徴

Campfire Ownersの特徴は融資型のクラウドファンディングで、
・自分が気に入った投資案件に1万円から投資でき、
・あとは、ほったらかしで利息収入が入ってくるのを待つだけ
という点です。

この他、特徴として以下の点についてもう少し詳しく解説します。

・元本は月々返ってこない
・利息収入(利益配分)はどこに入るのか?
・利息収入は源泉徴収される

元本は月々返ってこない

融資した元本は投資期間中は預けたままで、期間が終われば償還されます(返ってきます)。
投資期間は案件ごとに違い、8カ月ものや30カ月という案件もあります。

利息収入(利益配分)はどこに入る?

Campfire ownersの利息収入(利益配分)はアカウントに追加される

利息はCampfire ownersの口座の金額が増える形になります。
出金は1円からできて、月1回までは手数料はかかりません、。
2回目以降は1回あたり770円の手数料がかかるので、注意が必要です。
僕は当面の間、放置しておくことにします。

投資できる新しい案件は1カ月に2−3件出てきます。

利息収入は源泉徴収される

利息収入の約20%分は源泉徴収されます。
確定申告をすると、いくらか戻ってくる可能性があります。

Campfire Ownersに投資するときの注意点

Campfire Ownersに投資するときの注意点

Campfire Ownersに投資するときの注意点をご紹介します。

・元本保証は案件による
・過去に元本割れしたケースは外貨建ての2件
・予定利回りは高いとリスクも高いと考えておく
・途中で解約はできない

詳しく見ていきましょう。

元本保証はある?元本割れリスクは?

元本保証の有無は案件によります。
日本保証が元本保証している案件もあります。

Campfire Ownersのリスクは

・借り手が破産した場合
・Campfire社の破産した場合
・募集会社のCAMPFIRE SOCIAL CAPITALの破産した場合
・保証会社が破産した場合

などです。

リスクはゼロではないですが、日本保証が保証している案件は比較的、安心感がありますね。

保証があるかどうかは、案件ページの右側の条件のところに記載があります。

過去に元本割れしたケースは?

キャンプファイヤーオーナーズ 過去に元本割れしたケースは?

問合せをしたところ、過去に元本割れしたケースが過去2件ありました。
記事一覧の「コラム」に詳細が掲載されていますが、概要だけここで解説します。

サービス開始から現在まで返済遅延等は0件で、
日本円建てでは償還済みの6本中6本ともプラス
外貨建は2本中2本がマイナス(為替差損による)

外貨建てファンドのうち、
下記の2ファンドが為替変動による差損で出資金を下回った事例として掲載されていました。

・カンボジア農家支援ファンド 予定利回り6%に対して、-2.14%
・カンボジア農家支援ファンド2号 予定利回り6%に対して、-1.49%

外貨建ては為替の影響を受けるので、元本割れのリスクが高めといえます。

予定利回りが高い方が良い?

予定利回りが高い方が良い?

予定利回りは高い方が嬉しいですが、その分リスクがあると考えておいた方が良いです。
元本割れリスクがある案件もあるので、理解して投資するようにしましょう。

予定利回り3−4.5%の案件もあり、このうち保証会社が入っている案件はリスクは低めと言えます。

途中で解約はできる?

キャンプファイヤーオーナーズの案件は途中解約はできません。

投資期間中は解約は制限されているので、
投資期間が満了して償還されるまで解約はできません。

融資型クラウドファンディングCampfire ownersの太陽光発電事業に投資した結果まとめ

融資型クラウドファンディングCampfire ownersの太陽光発電事業に投資した結果まとめ

現時点では順調に運用できているので、追加投資の対象として、良い案件が出てきたらまた購入する予定です。

元本割れリスクも一応あるので、一つにたくさんお金をつぎ込むより、少しずつ分散したほうが安全と考えて、分散投資していきます。

予定利率7%の案件はあまり出てきませんが、4−5%のものが比較的多いです。

キャンプファイヤーオーナーズの特徴は

・融資型で利息がもらえること
・元本と利息は月々ではなく、償還時に入金されます。
・利息収入は20%源泉徴収される

でした。

キャンプファイヤーオーナズに投資するときの注意点は

・元本保証は案件による
・過去に元本割れしたケースは外貨建ての2件
・予定利回りは高いとリスクも高いと考えておく
・途中で解約はできない

でした。

毎月安定したリターンが見込めるので、不労所得になります。
償還された金額を再投資していけば複利運用に近くなります。

良い案件が出てきたら追加投資しますので、また追記していきます。


タイトルとURLをコピーしました