ほったらかし投資【2022年7月の運用実績】

202207result ほったらかし投資の実績公開
この記事は約7分で読めます。

2022年7月の投資結果をまとめました。

総資産 4,243万円(前月比-33万円)
投資元本 2,262万円(+108万円)
含み益 1,435万円(-103万円)
現預金 545万円(-38万円)

米国株、日本株の値上がりはありましたが、外国債券が大きくマイナスになり、含み益は減少しました。
引き続き自動積立ほったらかし投資を継続していきます😊

ほったらかし投資【2022年7月の運用実績】

2022年7月までの実績です。

らぴす
らぴす

7月の資産総額は4276万円。
6月と比べると-33万円と減少しました。

現金を除いた投資資産は3,698万円、
投資元本は2,243万円になり、
含み益は1,454万円で、今月は84万円減りました。

2022年6月のほったらかし投資の結果はこちらです。

運用資産の内訳(現金含む)

現金を含めた資産4,243万円の内訳は上のようになっています。

現金比率は12.9%になりました。

らぴす
らぴす

生活防衛資金として緊急用の金額(生活費の6ヶ月分)は維持しながら、
投資に回しています。

ほったらかし投資の運用成績(前月比)

2022年6月と比べると
含み益は103万円減りました。

個別株は大きく上昇。
米国株が上がったので投資信託、確定拠出年金は大幅にプラス。
仮想通貨も少し戻して来ました。
その他(外国債券)の評価が下がったので、マイナスでした。

増減の内訳

前月からの含み損益
個別株(日本)+413,400
米国株式ETF-234
投資信託+345,697
確定拠出年金+372,826
クラウドファンディング+1,611
仮想通貨+75,180
ロボアド+5,227
その他(外国債権)-2,246,183
投資total-1,032,476

確定拠出年金のトータルの利回りは年9.83%。
運用状況は下のようになっています。

今月の不労所得

今月の不労所得は

・不動産
・ソーシャルレンディング
・ETFの配当金

でした。

不動産からの収入

アパート1棟を運用しています。家賃収入からローンの支払いや管理手数料を引いたキャッシュフローは不労所得になっています。

らぴす
らぴす

6月の不動産からの現金流入(キャッシュフロー)は+133,000円


不動産からの収入は全額インデックス投資に回します。

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)の分配金

融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)の分配金は
まだ毎月1500〜2000円程度と少ないですが、完全に不労所得なので気に入っています。

らぴす
らぴす

今月は1800円の不労所得になりました。

ソーシャルレンディング会社投資合計今月の分配金分配金合計レビュー
クラウドバンク81万円329円5,227円クラウドバンクに投資した結果
トモタク(TOMOTAQU)30万円トモタクに投資した感想
SAMURAIファンド20万円246円999円SAMURAIファンドに投資した結果
FUNDINNO(ファンディーノ)9万円
・キャンプファイヤーオーナーズ20万円916円10,015円キャンプファイヤーオーナーズに投資した結果
バンカーズ
まだ投資はしていませんが口座開設しました。
0円
合計160万円1,491円16,241円クラウドファンディング9社の比較
らぴす
らぴす

毎月少しずつですが、安定して利益が出るので、少しずつ増やしています。

クラウドファンディングの詳細についてはこちらの記事をどうぞ
>>【融資型のソーシャルレンディング、投資型クラウドファンディング】9社の比較

米国株(ETF)のQYLDとSPYDの配当金

米国株(ETF)のQYLDとSPYDという高配当ETFからの配当金も不労所得になっています。

らぴす
らぴす

6月は1300円の配当金の分配がありました。
まだ少ないですが、積立で投資金額を増やしていきます。

米国株ETF投資額今月の配当金今月配当金(円)配当金合計配当金合計(円)
SPYD71,176円0ドル0円0.88ドル118円
QYLD338,551円9.85ドル1,325円26.69ドル3,592円
合計409,727円9.85ドル1,325円29.57ドル3,710円
1ドル=134.61円で計算

QYLDはグローバルXNASDAQ100・カバード・コールETF
という高配当ETF(上場投資信託)で、
年利回り10%を目標にしている高配当のETFです。

NASDAQが下落すると値下がりするリスクや減配の可能性があるので、少しリスクの高いETFですが、組み入れています。

2022年7月の追加投資額と売却

2022年7月の追加投資の内訳は

内容投資額
米国株(ETF)205,000円
確定拠出年金45,000円
妻のiDeco22,000円
インデックス投資信託469,000円
クラウドファンディング300,000円
仮想通貨31,000円
ロボアド10,000
合計1,082,000
らぴす
らぴす

今月は合計108万円を追加投資したので、
現金が減りました。
しばらくはゆっくり積立します。

米国株(ETF)の積立

7月の米国株ETFの積立は20.5万円でした。

SPYDとQYLDに積立しています。

米国株ETF今月追加投資額投資額合計
SPYD55,340円71,176円
QYLD150,045円338,551円
合計205,385円409,727円
1ドル134.61円で計算

投資信託(インデックスファンド)への新規投資

インデックスファンドは今月は27万円投資しました。

らぴす
らぴす

インデックスファンドは
・eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
・eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)

・eMASIS Slim 先進国リート
を積立ています。

内訳は以下のようにしています。

銘柄追加投資額内訳
つみたてNISA
内訳
ジュニアNISA
内訳
特定口座
全世界株式(オール・カントリー)35.3万円1.3万円6万円28万円
全世界株式(除く日本)4.6万円1.6万円3万円
先進国リート7万円7万円
合計47万円2.9万円6万円38万円

クレジットカード決済で積立をするとポイントがたまるので、

楽天証券
SBI証券
・auカブコム証券
にもクレカ決済をセットしました。

クレカでポイントを貯めて、ポイントも投資に回していきます。

特にカブコム証券は1%に加えて、
スマホをUQモバイルに乗り換えるとプラス2%で合計3%
auにするとプラス4%で合計5%になります。

僕はUQモバイルに乗り換えました。

ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)

らぴす
らぴす

6月は不動産クラウドファンディングのトモタクに30万円を追加投資しました。

ソーシャルレンディング会社今月追加投資投資合計分配金合計
トモタク(TOMOTAQU)30万円30万円
合計30万円30万円

暗号資産(仮想通貨)

暗号資産の積立をしています。
・ビットコイン 500円/日
・イーサリアム 500円/日

らぴす
らぴす

1日1000円ずつ、1ヶ月で31,000円増やしました。
毎日購入でドルコスト平均法で運用していきます。

これまでは毎日積立ができるbitFlyerを使っていましたが、
貸付(レンディング)で利息収入が作れるので、

bitFlyerは下記の招待コードを使っていただくとあなたの口座に1000円分のビットコインがプレゼントされますので是非どうぞ。

招待コード→lyudxtiq

ロボアド(FOLIO ROBO PRO)

ほったらかし投資家としては、自動で売買してくれるロボアドにとても興味がありました。
たくさんある中から、FOLIO ROBO PROを選んでみました。

らぴす
らぴす

4月下旬から10万円でスタートして、月1万円ずつ積立しています。

先月まではマイナスでしたが、ようやくプラ転しました。

投資の内訳は
・米国株(VTI)
・米国リート
・金
・米国債権
・ハイイールド債
・新興国株
・先進国株
になっています。

来月の取り組み

8月も引き続き自動積立で投資していきます。

8月は子供の授業料の支払いの準備のため、少し抑えめにします。

ほったらかし投資【2022年7月の運用実績】まとめ

複利と不労所得のほったらかし投資【2022年1月の運用実績】まとめ

2022年7月も自動で積立投資をしました。

米国株や日本の株は上がり、外国債券の価値が下がったので、マイナスでした。

短期目線では上下しますが、長期では世界経済はまだ伸びると考えているので、
引き続き、コツコツつみあげて行きます。
これから投資を始める人の参考になればうれしいです。

インデックスファンドのほったらかし投資のはじめ方は
インデックスのほったらかし投資のはじめ方【完全自動で複利で資産運用】
の記事で解説しています。

投資は自己責任でお願いします。

これから投資を始めてみようかなという方は、まずは証券口座を開くところから始めましょう。
大手オンライン証券会社なら口座開設は無料です。口座維持手数料もかかりません

長期投資に最適な証券会社選びは
長期投資に最適なクレカ決済のできる証券会社4社比較【2022年】
の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました