隙間時間を仕事に活かす方法【小さな積み重ねが大きな差を生みます】

隙間時間の活用【時間管理のコツ】 時間管理術で仕事効率化
この記事は約7分で読めます。
隙間時間を有効活用したい人
隙間時間を有効活用したい人

隙間時間を有効活用したいなぁ
ちょっとした空き時間を何に使えばいいのかな?
忙しくていつも困っている
まとまった時間が取れないので、勉強が進まない
暇つぶしにスマホゲームをしている

という方は必見です!

隙間時間、仕事に活用できていますか?
このページでは忙しい人でも隙間時間を有効活用して自己投資する方法をご紹介します。1日1時間確保できれば、1年で300時間もの時間が確保できます。300時間あればどんなことでも大半の人よりはできる、知っているというレベルには達することができます。
勉強や読書などのインプット、自分のための時間の投資など、重要だけど緊急度の低いことを進めたい人はぜひどうぞ!

隙間時間を仕事に活かす方法

隙間時間を使ってできることは色々ありますね。
例えば

  • メールチェックや返信
  • スケジュール
  • 読書
  • 英語などの勉強
  • スキルアップ
  • 副業で小遣い稼ぎ
  • エクササイズや筋トレ
  • 家事や片付け
  • 昼寝
  • 動画を見る

など、結構いろんなことができます。

ボリュームの大きい仕事だとある程度まとまった時間が必要になることもあります。
ですが、大半のことは小さい仕事に分割することができます。
例えば、5分、10分、15分でできることは結構あります。

隙間時間ができた時に「やること」を準備しておくと、「何をしようかなと悩む時間」がなくなり、すぐに時間を有効活用できるようになります。

隙間時間が5分確保できた場合

隙間時間が5分確保できた場合、下記のようなことに使えます。
・メールチェックや返信をする
・スケジュールの確認
・英単語を覚える
・読書をする
・コーヒーを飲んだり、軽く休憩してリフレッシュする

5分の時間が取れるタイミングは、
トイレに行った時や、電車やバス、待ち合わせの待ち時間など結構あります。

メールチェックや返信をする

メールは何回も開かなくても良いように、一回で終わらせるようにします。
5分以内で返信できるものはその場で返事してしまいましょう。
返信に時間のかかるものは、対応する時間をスケジュールに入れてしまえばOKです。

スケジュール管理をする

Googleカレンダーに今日の予定やスケジュールを入れていくことで、「その仕事を終わらせる時間」を確保します。
Todoリストよりもこの方法の方が「やること」と「それをする時間」の両方が明確になるので、確実に仕事を終わらせることができます。

読書をする

スマホがあればKindleなどでダウンロードした本を読むことができます。
何冊も持ち歩けるので良いですね。
仕事に役立つ本を読んだり、休憩がてら小説を読んでリフレッシュしても良いです。

隙間時間が10分確保できた場合

隙間時間が10分確保できた場合、以下のようなことに使えます。
・打ち合わせの資料に目を通す
・ニュースをチェックする
・英語のアプリで授業の動画を一本見る
・電話をかける
・筋トレをする

ミーティングの資料に目を通す

隙間時間が10分あれば、ミーティングなどのために事前に配られた資料などに目を通すことができます。
ついでに質問事項などもメモしておけばバッチリですね。

ニュースをチェックする

10分あればニュースのチェックができますね。
業界に関することや経済ニュースなどをざっと読んでおくというような使い方ができます。
Google アラートを使えば、設定したキーワードに関する記事を毎日メールで自動的に送信してくれます。
ゴシップ記事などに、時間を取られないようにしましょう。

英語の勉強をする

隙間時間を活用して英語の勉強に当てましょう。
単語を覚えたり、問題を解いたり、授業動画を見たり、10分あればスタディサプリなどのアプリで効率よく勉強を進めることができます。

筋トレやストレッチ

隙間時間が10分あれば、筋トレやストレッチもできます。
場所が確保できるなら腕立て伏せや腹筋、スクワットなど。
肩こり防止ストレッチもいいですね。

隙間時間が15〜20分確保できた場合

隙間時間が15分〜20分程度確保できた場合、以下のようなことに使えます。
・資料を作るための情報を集める
・パソコンのフォルダやファイルを整理する
・資格の勉強をする
・教育系ユーチューブを視聴する
・ウォーキングなど軽い運動をする
・仮眠をとる

資料などに必要な情報を集める

隙間時間が15分〜20分あれば資料作成のための情報収集もできます。
まとまった時間が確保できない時でも小さい仕事に分けて、隙間時間に少しずつ進めていくようにすると、結果的に結構な時間が確保できます。

パソコンのフォルダやファイルを整理する(片付け)

隙間時間に片付けをしましょう。15分もあればかなり片付きます。
ダウンロードした資料や、作成したファイルに名前をつけて、必要に応じてフォルダ分けしておくと、「あとで探す時間」が大幅に削減できます。
探し物をする時間は非常にもったいないので、少し整理整頓に時間を使うことで仕事の効率化に繋がります。

資格の勉強やスキルアップをする

隙間時間を活用して勉強したり、資格を取得したり、スキルアップをすることもできます。
稼ぐためのスキルについてはこちらの記事でご紹介しています。

教育系ユーチューブを視聴する

隙間時間の活用にYouTubeも使えます。
新しい知識を手に入れるのに教育系チャンネルを視聴しましょう。
音声だけでも十分なコンテンツになっている動画が多いので、移動時間などに活用できます。
中田敦彦さんのYoutube大学は情報をギュッとまとめてくれていて、
エクストリーム授業や本の解説など、重要なポイントを凝縮して教えてくれます。

ウォーキングや軽い運動をする

隙間時間に体を動かすことで、ずっと座ったまま仕事をしている人は特に、近所をぐるっと散歩したり、軽い運動をすることで仕事効率化の効果が期待できます。
軽い運動をすることで脳が活性化されるという研究も数多くあり、健康維持の観点からもオススメです。

仮眠をとる

隙間時間に15分から20分仮眠をとると、効率が上がるという研究結果が出ています。
普段、会社に出勤している時にはなかなかできませんが、在宅勤務の場合は活用できます。
特にお昼のあと、眠たくなって効率が上がらないタイミングがベストです。
「仕事中に寝るなんて、罪悪感」と考えずに、「仮眠を取ることで、もっと効率が上がる」方を選ぶ方が合理的ですね。

隙間時間の見つけ方

隙間時間 仕事

スキマ時間の見つけ方です。
現代人は一日に1時間の隙間時間があると言われています。

例えば、
・通勤の車や電車での移動時間ちょっとした待ち時間
(電車や人との待ち合わせなど)
・トイレに座っている時間
・一人でご飯を食べている時間
・次のミーティングまでの待ち時間
などが挙げられます。

私は車での移動時に音声を聞いたり、トイレもフル活用しています。

最近は本を読み上げてくれるサービスなどもありますね。
これを使えば、Kindleで購入した本を音声で聞くことができます。
読まなくても良いので、読書量が増やせます。

追加でもう少し確保しようと思えば、
・テレビやYoutubeを見ている時間や、
・ゲームをしている時間
・何もせずゴロゴロ、ぼーっとしている時間
を少し転換するだけでもっと時間を確保することができます。

隙間時間を仕事に活かす方法【小さな積み重ねが大きな差を生みます】まとめ

このページでは隙間時間を仕事に活かす方法について解説しました。

1日1時間でも1年で365時間、10年で3650時間が確保できます。
実際にはもっと時間が使えるようになると思います。
この隙間時間を有効活用して、自分に投資しましょう。

隙間時間を仕事に活用するには
・隙間時間ができたときにすることを事前に決めておくと無駄にしなくて済みます。
5分、10分、15分できたら何をするか用意しておきましょう。

また、隙間時間はいろんなところに落ちています。
さらに、テレビやゲーム、ゴロゴロ、ぼーっとしている時間なども寄せ集めればもっと時間が確保できます。

隙間時間を仕事に活かす方法は以上です。
スキマ時間を有効に活用して今日も充実した1日をお過ごしください!

時間管理のマトリックスを活用して時間効率をあげる方法はこちらをどうぞ。

時間管理術で仕事効率化
スポンサーリンク
最後まで読んでいただきありがとうございます!

ご訪問いただきありがとうございます。とっても嬉しいです。
皆さんのお役に立てる記事を日々作成しています。

▼ついでにポチッと応援していただけるともっと喜びます▼

今日は何位かな?

  • にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

この記事を気に入っていただいたら、ぜひシェアをお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ご訪問いただきありがとうございます。とっても嬉しいです。
皆さんのお役に立てる記事を日々作成しています。

▼ついでにポチッと応援していただけるともっと喜びます▼

今日は何位かな?

  • にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ

この記事を気に入っていただいたら、ぜひシェアをお願いします。

スポンサーリンク
Lapis Labo
タイトルとURLをコピーしました